MENU診療内容

2つの“気づかれにくい”スタイル 透明マウスピース矯正
透明マウスピース矯正は食事や歯磨きの時などに着脱可能で、目立ちにくく快適な矯正治療です。歯を移動させた状態を想定し、オーダーメイドで作製したマウスピースで歯を動かしていきます。
インビザラインイメージ
インビザラインロゴ
3Dデジタルで理想の“1回作製”
負担なく美しい仕上がりを実現
インビザライン矯正治療は、3次元画像化技術とCAD/CAM技術を用いて透明マウスピースを作製するので、何度も作り直さずに治療ができます。来院回数を軽減でき、患者様への負担を抑えて快適に矯正治療ができます。

装着時間:1日16〜20時間

メリット

来院回数を軽減できる

コンピュータシミュレーションによる精緻な治療

デメリット

× 費用負担が大きい

× 装着時間を守らないと治療が進まない

アソアライナーイメージ
アソアライナーロゴ
数段階の歯列移動ごとに作る丁寧さが、精度の高さを誇る
アソアライナーは、歯列移動ごとの次の段階に移行する際、毎回型採りの作業が必要です。患者様の負担は大きくなりますが、都度歯型を取ることで最適な歯型でマウスピースを作成できるため、精度の高い矯正治療が可能になります。来院回数は2~3週間に1回になりますが、費用面でインビザラインより抑えることができます。

装着時間:1日20〜22時間

メリット

より精度の高い歯列移動を実現

費用負担を軽減できる

デメリット

× 調整が多いため、来院回数が多くかかる

× 段階ごとに歯型をとる必要がある

“目立たない”という価値が、 治療中の快適さを実現する
透明マウスピースは、目立たなく、着脱可能で衛生的という快適に矯正治療ができる特徴を持っています。金属やワイヤーを装着する従来のワイヤーブラケット矯正では治療中に口元が気になってしまうという場合でも、透明マウスピース矯正なら普段の生活通りに毎日を過ごせるので、多くの方に喜ばれています。
咬合理論を取り入れた精緻なマウスピース作製
point1
単純に歯型を採るだけでなく、位置と運動力を考えてマウスピースを創る
インビザラインは、コンピュータシミュレーションで理想の仕上がりを実現できるように、3D治療計画ソフトウェアで歯列移動の経緯をコンピュータ画面上で見ることができます。しかし理想の歯型や歯列ができたとしても、咬み合わせの位置や毎日の顎の運動力を考えていかないと、一度きれいになおったとしても、後戻りの原因になってしまいます。当院では、咬み合わせを本質的に理解して、マウスピースを作製して美しい歯並びを創っていきます。
コンピュータシミュレーションで理想の仕上がりを
point2
患者様の現状を叶えて、矯正装置の選択肢を提案する
口腔内は一人ひとり症状も様々で、それぞれの患者様に合った歯列移動が必要です。症状だけでなく、いかに負担なくリーズナブルに矯正治療を続けていけるかを考え、治療中、治療後のアフターケアに重心をおいています。インビザラインやアライナーで治療している医院は多数ありますが、いかに患者様に合わせたマウスピースを提案できるかが矯正医選びの一つのポイントとなります。
矯正システムで 一人ひとりの症状に合わせる
point3
咬合理論・矯正システム・矯正装置三位一体の治療でアプローチする
インビザラインの利点、アライナーの利点を考えて、患者様に合った矯正装置を選択し、コンピュータシミュレーションによる精緻な治療計画に沿って理想の歯並びをイメージした治療を行います。咬み合わせは生涯続くものなので、矯正医としての治療の考え方、アプローチ、技術をもって、インビザラインやアライナーの矯正システムで美しい歯並びを創っていきます。
少ない力・少ない摩擦を実現し、 運動力学を応用した歯列移動
機能を提案するだけでなく、ライフスタイルまで追及する
矯正治療は、仕上がりの美しさはもちろん、治療中の快適さに対するニーズも増えてきています。当院では、透明マウスピースの選択肢で、より理想に近い歯並びと治療中の快適さの両面のバランスを保ちながら、患者様のニーズの本質を追求した治療を行っています。
インビザライン
インビザライン
830,000円(税込896,400円)
コンピュータシミュレーションで理想の仕上がりを実現できる透明マウスピース矯正。3D治療計画ソフトウェアで、歯列移動の経緯をコンピュータ画面上で見ることができ、理想の歯並びに精緻に近づけて、口元の美しさを創ります。通院回数はアソアライナーより少なく、患者様に負担がかかりません。
azoresiner
アソアライナー
800,000円(税込864,000円)

部分矯正150,000円〜
ご来院いただくのは通常約1ヵ月に一回から二回ほどの間隔です。歯型をとらせていただき、その都度新しいマウスピースを製作します。厚みの異なる3種類のマウスピース(ソフト0.5mm、ミディアム0.6mm 、ハード0.8mm)を使用して矯正力をコントロールし理想的な歯並びへ近づけます。